2018年10月16日

新潟県小千谷市、山本山まつりに参加させて頂きました

10月13日(土)〜14日(日)に1泊2日で新潟県小千谷市へ遠征に行ってきました。
目的は、14日(日)に行われる第7回山本山まつりに出演するためです。

この話を聞いたときにすぐに、
1.レッスンで行っているダンスの成果を試すことができる
2.Shuさんの取り組みを皆さんに聞いてもらえることができる
を思いつき、準備をしてきました。

実は、6月に蛍を見に行っているので、現地に行くのは2回目でした。
ただ、今回は、総勢13名と車2台だったため、より念入りの準備をしました。
プロジェクトリーダーは、増田さんで、すべての段取りをこなしてくれました。安心して任せられました。

また、今回遠征に行けなかったメンバーのサポートも素晴らしかったです。
自分たちで、何ができるか?何をすればいいか?そして動く!
本当に、ハートでつながったチームになっています。

絶対忘れてはいけないのが、現地での強力なサポートです。たかぎけんたさんは、祭りの実行委員でもあり、多忙極まりないのに、我々のためにバーベキューを準備してくれました。感謝感謝です。

まわりを見て動いてくれる、梶原さん、みきさんの存在は欠かせません。
また、ボランディアで参加してくれた今川さんにも感謝です。

本当に素敵なステージになりました。しっかり練習したことが、当日形になっていました。
緊張もあって当然、でもそれを乗り越え、終わった時の快感、人前で踊る醍醐味です。

今回、Shuさんにとっては大舞台でした。それは、4年間の取り組みを言葉で伝えるというチャレンジをしました。毎週木曜日にTHへ来てくれています。そのときに、練習をしてきました。
毎度のことですが、最初はできません。しかし、Shuさんの凄いところは、指摘したところを、次には修正できるところです。何度も何度も練習する中で、言葉遣い、表現方法など変更し、7分弱のスピーチが完成しました。また、最後の退場で歩きたいというのは、自分から言い出してくれました。

中学3年生の時に、Shuさんと出会い、高校生になったらうちでバイトしようよから始まり、マザー牧場行こうよ、就職活動しようよ、アメリカ行こうよ、プールトレーニングしようよ、THで働こうよ、取り組みをスピーチにして全国まわろうよと、立てた目標はすべて達成してきています。
その中で、絶対に忘れてはいけないのが、自分たちだけではできない、まわりのサポートがあって、続けてこれたことを忘れてはいけないことです。

何より、やりたいことを完全サポートしてくださっているご両親に感謝です。
アメリカ行こうといったときにも、ご両親の理解がなければ絶対に実現しなかったと思います。

今回、一緒に行った生徒さんにも、Shuさんと同じように楽しく続けてトレーニングを開始している人がいます。すぐには成果がでません、でも、Shuさんを見てください。

すべての人に夢を与える、そんな気持ちでなんでも取り組めば、なんでもできるはずです。

トリプル・ハートのメンバーは、常に進化できる素直な人間が多いいです。そのため、2018年4月開校してから、まだ6カ月ですが、すでに色々な面で成長してきていると感じます。

やっぱり、自分からやりたい、やろって思わなかったら、何事もダメです。
我々は、【やりたい!】そんな気持ちを引っ張りだしていく、そしてそれを楽しく続けていく環境をつくるのが本当の療育だと思っています。
posted by aki at 09:43| Comment(0) | 日記

2018年10月12日

メンバーに恵まれて幸せです

トリプル・ハートは、2018年4月開校した新しい事業所です。ですが、指導しているメンバーは、前の会社でずっと働いてくれた人たちです。そんなメンバーのお陰で、療育において一番大事な環境を変えないということが実現できています。

また、日々新しいことを取り入れる柔らかい発想を持った面々がそろっています。

なんといってもチームワークがいいんです。
今回、新潟遠征に際し、引率できないメンバーもそれぞれ全力でサポートしてました。

その期待に応えるために、笑顔で、楽しんで舞台に立ちたいと思います。




posted by aki at 20:31| Comment(0) | 日記

2018年10月03日

何が必要か?

最近色々やりたいことがあります。いや、最近に限らずですが;;

ただ、それぞれを一つの形にしていくためには、時間と労力となんといっても協力者がいります。
自分のまわりには、プロフェッショナルの面々が協力してくれております。

またやって終わりでなく、楽しく続けていく、無理なく続ける環境が必要です。

新たに、必要なものを発見、それを具現化しようと思います。
自分の経験も踏まえ、とっても必要な分野だと思います。
posted by aki at 09:46| Comment(0) | 日記