2011年01月13日

ブレークスルーテクノロジーへの参加

2011年1月8〜10日8時半から23時までと12日19時半から23時まで、缶詰セミナーに参加してきました。このセミナーは紹介者がいて、できるセミナーになっていて、何を学ぶかというと今まで生きてきた中で、起きていることを自分の解釈だと思いこんでしまうという部分が分かれていることに気づきをもつというものです。

これは、文章で書いてもなかなかわからないと思いますが、あえて書くとすると、解釈は勝手なもので、現実起きていることではないのです。

例えば、電車で隣に座った人が変な人で、常に貧乏ゆすりをしている、いやなやつだなーと思うとします。この部分を分けると、起きていることは、ただ貧乏ゆすりをしながら座っているということ。勝手な解釈では、変な・いやなやつと自然とつけてしまうものです。

それの解釈を直そうとするのではなく、それもあることをつかみ、新しい可能性を生み出していくことをトレーニングするものでした。

それによって、人生が楽しく、パワフルに生きていけるものになりました。
本当に、年齢を重ねれば重ねるほど、壁は厚く、真実を見るのには苦労します。

posted by aki at 17:04| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
私も参加したコースです。私にとっても本当にすごいコースでした。3日間で今までまったく見えなかった発見の連続でした。その後仕事、人間関係、さまざまな成果がでています。コース後が楽しみですね。
Posted by kumagorou at 2011年02月20日 23:56
はじめまして。起きていることと、そのことに付けている自分の解釈を分けてやると、相手の立場に立ったり、新しい解釈を見出したりと自由が広がりますね。

ブレークスルーテクノロジーコースに参加して18年になりますが、色あせることなく成果が継続しています。

コースで得たことを使って、自分の描く人生を充実させていることに、共感しました。
Posted by つっきー at 2011年02月21日 06:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: